小諸・軽井沢で活動する少年サッカークラブの公式サイトです。NPO法人Cultured Sports Platform|サームF.C.|サームF.C.Jr.|軽井沢J.F.C.|小諸J.F.C.
hrph_komoro

小諸J.F.C.

  • HOME »
  • 小諸J.F.C.

チームコンセプト

『自分で考えられる選手になる』

サッカーは、チームとして決められたポジションはあるものの、ピッチの中ではポジションに捉われることなく、自らの判断で自由に動くことのできるスポーツです。それだけに、選手は時々刻々と変化していく試合状況の中で、周囲の状況を見て考え判断し仲間とのコミュニケーションを取ってプレーをしなければなりません。監督やコーチからの指示待ち選手ではなく、「自分で考えられる選手」になる必要があります。
このことは、ピッチの中だけに止まらず、学校生活や家庭生活の中でも同様で、オフザピッチにおいても、自ら考え判断し行動のできる人間になることが、サッカー選手としての成長にもつながっていきます。
小諸JFCではサッカーを大好きになる・上手くなること通して「自分で考えられる選手(人間)」になれるように様々なチャレンジを行っています。

指導者・指導方針

目的達成へのスタッフのアプローチ

  • 子どもたちの考える姿勢を大切にする。
  • 適切な段階での答えの提示
  • 子どもたち一人ひとりに応じた適切なコミュニケーション
  • 全てのトレーニング段階での考える場の提供
  • 考える「量」の適正化(内容・時間)
  • 日常からの個々の選手の観察
  • ゲーム(試合)については『選手には勝利に拘らせる。そして指導者は勝利に拘らない』
  • 少年年代、ゲームに勝つことは大切なことであるが、それは目的ではなく、ひとつの手段であることを認識する。
  • 選手の気持ちや考え方、指導者の考え方や接し方により、勝っても負けても良い選手を育てるひとつの手段になりえることを認識する。
  • ゲーム(試合)の目的や分析をどのようにして、次に向かってどのようなプランを立てるかということの重要性を認識する。
  • 相手チームの力量により、どのように選手に『勝利に拘る』気持ちを維持させながら、戦うことで何を得るかを分析する。
  • 選手に勝つことを決して忘れてはいけない意思を持たせる。

目的達成への保護者のアプローチ

子どもたちがひとりのサッカー選手として、また、ひとりの人間としての成長をするために、スタッフと保護者がお互いの役割を理解し、協力していくことが重要になります。

  • 選手の判断を奪うかけ声はしない。(クリア・シュート・パス・ドリブル・逆サイドなど)
  • わが子と共に、チームメイトへの温かい励ましの言葉をかける。
  • 選手の失敗に対して非難するようなかけ声をしない。
  • 審判への異議を唱えない。
  • 子どもたちの判断する機会を増やし、温かく見守る。
代表・総監督 井出 政樹
コーチ 小宮山 春夫
伊藤 善次
木村 克典
小泉 年樹
石井 一宏(サームFC.兼務)
楜澤 浩一(サームFC Jr.兼務)
丸山 信行(サームFC Jr.兼務)
アシスタント
コーチ
吉田 誠
疋田 訓敏
橋爪 雄作
小林 大介
櫻井 友和

練習日

  1. 通常練習:毎週日曜日・午前中
  2. 自主練習:土曜日・午前中  他
  3. 練習場所:小諸市天池総合グランド/スパーク小諸/坂の上小学校体育館 他

練習場所

小諸市 天池グランド(小諸市総合運動場)

〒384-0805 長野県小諸市己2-173

小諸市 スパーク小諸

〒384-0801 長野県小諸市甲197-2

小諸市 坂の上小学校

〒〒384-0801 長野県小諸市甲3150-2

PAGETOP